May 12,2014

NAGMATIC / 1 on 1-DLIPPIN DA KNOCKOUT STAGE-

神奈川横浜出身のビートメイカー[NAGMATIC]待望の1st ALBUMが遂に完成!

nagmatic

NAGMATIC / 1on1 -DLIPPIN’ DA KNOCKOUT STAGE-
2014年4月25日(金)
¥2,500+TAX
DLIP Records
ALBUM(CD)

[TRACK LIST]
01. INTRO -ENTER DA STAGE-
02. ULTRA feat. EDO.G
03. HOW TO DLIPPI’N feat. DUSTY HUSKY
04. REVIVAL feat. 祀SP
05. UN WELCOME RETURN feat. SMOOTHE DA HUSTLER
06. SHOT GUN feat. UB DA BLACKMOLD
07. NINJA WORKS feat. RHYME & B
08. INTERVAL
09. IN DA HOOD feat. BLAQ POET of SCREWBALL
10. CUSS feat. FORTUNE D
11. OBLAAT feat.CALIMSHOT
12. TIDAL WAVE feat. SHEEF THE 3rd
13. INTERVAL 2
14. BACK DOWN feat. BIG SHUG of GANGSTARR FOUNDATION
15. B.I.T.T.E.R. feat MILES WORD
16. GIVE EM’LOVE feat. TORAE
17. LET IT ROLL feat. O.C. of D.I.T.C.

【1on1 -DLIPPIN’ DA KNOCKOUT STAGE-】と名付けられた本作はタイトル通りNAGMATIC BEATS VS 1MCのコンセプトのもと創り上げられた。
なんと…ダイナリ、ブラーミー、メンバー全員のソロ楽曲が収録されている。
(RHYME&B/SHEEF THE 3RD以外、流通作品でのソロは初)
これは嫌でも今後DLIP RECORDSよりソロアルバムのラッシュを期待せざるを得ないだろう。

と、ここまでは想像がついたはず、問題はここからだ。

先行12inchで大きな話題を 呼んだ”SMOOTHE DA HUSTLER”はBROOKLYNより90’sの一時代を築き、長く離れていたHIPHOP GAMEへの完全復帰を宣言した【Un Welcome Return】を完成させ、D.I.T.C.からはNEW YORK随一のリリシストである”O.C.”がアルバム のラストを飾る。これだけでも相当ヤバい内容だが彼のデビューを支える面子はこれだけでは終わらない。 
1991年1st ALBUM(Life of a Kid in the Ghetto)誰もが認めるBOSTON CITYのLEGENDである
“ED O.G.”【ULTRA】で DOPEに幕が開け、同じくBOSTON出身でGANGSTARR FOUNDATION、最新作(I.M.4-EVA)も記憶に新しい”BIG SHUG” も息を吹き込んだ。またMARCO POLOとのALBUMや1st(FOR THE RECORD)で現行のNEW YORK UNDERGROUND最注目である”TORAE”も急遽参加。
QUEENSからはSCREWBALLでの活躍、近年はDJ PREMIERとのタッグでも世間を騒がせている”BLAQ POET”と、コレは事件である。

ここまで豪華なJAPANESE BEAT MAKERの1st ALBUMは 存在しないだろう。
音楽を深くDIGし、時流に決して媚びない、そんな彼だからこそ実現した人選。 
USやUKアンダーグランドシーンでも既に話題になっているこの作品でNAGMATICが全世界に衝撃を与える。



[NAGMATIC PROFILE]
DLIP Records所属,横浜は本牧出身。すべてのREAL MUSIQからインスパイアされた感覚を活かし、一瞬のひらめきと想像を膨らませながら、いつまでも錆びる事のないSOUNDを目指し探求し続けるBEAT MAKER。

TOP