March 19,2015

RHYME BOYA / FLOWMOTION 2015.03.25(WED) on release!!

神奈川MOSS VILLAGEこと藤沢CITYが生んだヌケタ声色でライムをフロウするDINARY DELTA FORCEのORIGINAL MEMBER=RHYME BOYAが、2年半ぶりとなる2ndアルバムをリリース!

flowmotion_jkt

RHYME BOYA
FLOWMOTION

2015.3.25(WED)on Release!!
2,500yen(TAXIN)

[TRACK LIST]
1.FLOWMOTION

2.BREATHE

3.MY FAM

4.止まない演奏~WE DON’T STOP THE MUSIQ~ feat.鎮座DOPENESS

5.KICKS,KICKS

6.GIRLS TALK

7.笛吹けども踊らず

8.WHITE T/FRESH KICKS/and NEW BARS feat.BLAHRMY

9.NEXT ONE

10.20141207

11.NEW MORNING feat.NORIKIYO

12.STARR

13.サムエルエンパイア

14.DISH LABEL IN PEACE

[comment]
1st.ALBUM”MIND VOOKから約2年半の時を経て完成された、RHYME BOYAの待望の2nd.ALBUM

「ここから そこまで FLOWに想いを乗せ 会いたい誰かの所まで会いに行く」

このコンセプトを元に制作された今作では、1st.では見られなかった新たなスタイルや音楽性を提示している。

簡単ではなかったが、楽しみながら新しい事にも挑戦出来たと話す意欲的な

2nd.ALBUM

深みを増したRHYMEと進化したFLOWに耳を傾けて欲しい。

「進化しないARTISTは罪。」

[FEATURING ARTIST(A to Z)]

BLAHRMY,KOYAN MUSIC,NORIKIYO,NAGMATIC,YASTERIZE,鎮座DOPENESS and

more..

[PROFILE]
rhumeboya-1
その圧倒的なまでのLIVE PERFORMANCEで、多方面から絶大なPROPSを得る、現場負けなしの”無敵の4本MIC”=DINARY DELTA FORCEのオリジナルメンバー。1998年、MICROPHONE PAGER/DON’T TURN OFF YOUR LIGHTでHIP HOPに入門、深入りをする。情報収集に没頭していた当時13歳、脱線3のMC BOO&ZEN-LA-ROCKが企画していた某雑誌の~HIP HOP超伝導”中学生B-BOYを育てる”~と言うコーナーに目が止まる。エントリーするにはSTAGE NAMEが必要だった為、そのコーナーの出演をきっかけに自らをRHYME BOYAと名乗る様になる。同時期にターンテーブルを購入、スクラッチに無限の音楽性を感じ一度はDJを志すが「DINARY DELTA FORCE」の面々との出会いを経て今日のMICを握る。その4本MICの中でも特に際立った個性を放ち、ファーストインパクトから鮮烈な印象を与えるその”ヌケスギテル”声質から放たれるOne&OnlyのFLOWセンス、”キレタ”RHYMEデリバリーは数多くの観客を高揚させ魅力し続けている。

また、2010年に「DINARY DELTA FORCE」名義の1st ALBUM「SOUNDTRACK TO THE BED TOWN」は、リリースされるやいなや”Dの名盤”と称され日本語RAP史に名を刻むCLASSIC ALBUMと化した。「DINARY DELTA FORCE」の活動と平行し、SOLO RAPPERとしても意欲的に活動に取り組み、今まで個人名義の正式な音源のリリースこそなかったものの、客演やLIVE, MC BATTLEでの活躍(ex:GROUND CHAMPION MC BATTLE VOL.2 優勝,藤沢北口サンパール杯 第4回大会優勝, UMB 2010 横浜予選 優勝 etc…)で、RHYME がヤバイと噂が噂を呼び単独音源の発表を今かと待たれていた。
2012年9月には、自身の地元=藤沢/MOSS VILLAGEを眺め制作したと言われる1st.ALBUMを発表。
その後、数々の客演,GROUPの制作/LIVE TOURをこなし意欲的に活動に取り組む。
そして2015年3月、「FLOWに想いを乗せ 会いたい誰かの所まで会いに行く」と言うコンセプトの元 完成された2nd.ALBUMを発表する。



instagram for RHYME BOYA

DLIP Records official web site

TOP