June 25,2014

2014.07.19(SAT) We are the world at The Bridge Yokohama

7月19日(土)のデイタイムに開催されるチャリティーイベントの詳細アップします!

wearetheworld head

three ~switch room~ Presents

2014.07.19(SAT)

WFP 学校給食支援活動チャリティーイベント
We are the world at The Bridge Yokohama

Open:11:30
Close:18:00

前売りチケット:大人¥2000/1d 中高生¥1500/1d 小学生¥1000/1d
当日チケット :大人¥3000/1d 中高生¥2500/1d 小学生¥2000/1d

※20歳以上の方でお酒を飲まれる方は、身分証をご請求の上、リストバンドの着用をお願い致します。

チケット取扱店
three ~switch room~:045-651-5523
ETCダンススクール上大岡店:045-367-8405
STUDIO ISLAND
Boo thang Studio

▲DJ▼
MINOYAMA
CAN from LIFE EARTH
AKUTSU
GARNET

▲DANCER▼
RENA & ANJYERO
FUYUMI
のりんご☆
お疲LEX
TUTO
CODE33

▲LIVE▼
みゆ

▲LIVE PAINT▼
KIRARIN

▲仏教のお話▼
中村 にょせん

▲APPAREL BOOTH▼
FUN

▲FOOD▼
浜コロ

※チャリティーイベント限定TシャツをYOKOHAMA BOYS&GIRLS X We are the worldとコラボし当日販売します!
通常ではないカラーとサイズ(キッズ)をご用意しました。
売り上げもチャリティー活動に使われますので皆様のご協力お待ちしております。


yokohama boys we are the world 3

yokohama boys we are the world 4

yokohama boys we are the world 1

yokohama boys we are the world 2

wearetheworld tail


~私たちが世界と考える心~

イベントコンセプト
今回のイベントは主に国連が指揮するWFP(ワールドフードプロジェクト)にまとまったお金を寄付する事を目的としたチャリティーイベントです。チャリティーも含め、4つのイベントコンセプトがございます。
詳しく下記に記載致しましたので、しばしお付き合い下さい。

そして、出演者の方々としっかりこの主旨を共感し合う事で、良いイベントに出来ると考えておりますのでどうか宜しくお願い致します。

①貧しい国の子供達に私たちが出来る少しの希望を与えたい。
WFPはthree~switch room~が毎月売上の一部を寄付している国連の機関です。
このWFPでは4つの支援活動を行っていますが、今回参加するプロジェクトは貧しい国の「学校給食支援活動」を支援すると言うものです。
貧しい国の小さな子供たちは、食事もままならない状況の中で一生懸命学校へ通い、学問を学び、いつしか貧しい生活を変えようと必死に頑張っています。食事は子供の成長を大きく左右するとても大事な源です。
食料が足りていなければ十分に脳が機能せず、学びを妨げ、家族の将来を大きく背負った子供達の成長を止め、未来をもふさいでしまうのです。
給食は一食30円でまかなえます。一校50人前後の学生が居ますので、単純計算で一日1500円、54万円程あれば一校の生徒の一年間の学校給食がまかなう事が出来ます。
そこで今回のイベント企画としましては、threeからの年間寄付金12万円に加え、一校の一年間の学校給食をまかなえる金額42万円を目標に開催したいと考えております。
この金額は簡単に集められる金額ではない事は十分招致していますが、参加スタッフや来てくださるお客様にこの思いがしっかり伝えられたら無理ではない金額だと思っております。
皆様に全力でお力添えを頂けたら幸いです。

②キッズダンス発表会
当日はキッズダンス発表会も同時に開催を予定しております。
出演するキッズたちは、チャリティーをする子供たちと同年齢です。
子供達には自分たちが恵まれている環境で育ち、好きな事を思いっきりやらせてもらえる事に感謝すると共に、今を一生懸命生きてもらいたいと願っています。
親御さん達にも、再度恵まれている環境だと言う事を確認して頂き、今後の子育ての中でこの環境に感謝する気持ちと、貧しい国の子供たちを助けたいと思える心を育てる様な教育をして頂けたらと言う願いがあります。

また、キッズダンス発表会の後は一流芸術家の方をお迎えしたイベントを企画しております。子供達が興味を持ち、将来こうなりたい!と憧れる方々ばかりです。クラブならではの臨場感と親近感で芸術を楽しんで頂き、感動してもらえる空間をスタッフみんなで作り上げ、子供に夢を与えられたらとも思っています。子供も大人も一体となり楽しめる空間つくりを目指しています。

③一流芸術家(アーティスト)の方と一般客の融合
今回出演を予定しているアーティストの方々は、海外活動や舞台やクラブ等での活動で多くの経験を積んだ、各分野のプロフェッショナルです。しかし普段の活動の場が夜の営業であったり、子供連れで見に行けない会場だったりと、子供や一般の方の目に中々触れる機会が少なかったのが現実だったと思います。
今回は開催時間・場所・内容はそう言った事が克服できる内容となっています。
このチャリティーイベントで普段中々見る事が出来なかった素晴らしい作品を多くの方々に五感を使って見てもらい、感動して帰ってもらえたらと思っています。

私がアーティストの方々と触れ合う中で抱いた思いは、
「もっと多くの人達にこの素晴らしい技術や活動を伝えて共感しあいたい」と言う事です。

一度感動した事は人の心に深く刻まれ、多くを動かすと私は思っています。
またその感動と共にチャリティーへの想いも心に刻んでもらえたらと思います。

子供への感動を少しでも多く残せるように、出演の方一人ひとりスペシャルな演出をして頂けたらと切に願っています。

④何か新しい事を始めるきっかけにしてもらいたい。
今回のイベントを通して「チャリティー活動を始めよう」と思ったり、「ダンスやDJや芸術活動を本気で始めよう」等、何か新しい事を始めようと心に働きかけられるイベントに出来たらと思っております。

以上がこのイベントのコンセプトになります。
ここまでお付き合い頂きありがとうございます。


タイトル”We are the world”とは・・・

一般的にとらえるWorld(世界)とは非常に大きく、様々な出来事が各地で起きていますが、私達は目の前の生活に関わる出来事以外はそれほど自分には影響がなく、何処か遠くの出来事ように感じ、“世界とは誰かの物で自分とは全く関係がない”と想いがちです。
このタイトルはそう言った思いにハッとしてほしい思いが込められています。 
”世界とは私達から作られていて、私達が作っているのです“=”私達が世界そのものなのです” だから私達自身で面倒を見なければならないし、助け合っていかなければいけない。私達一人一人の行動が世界を変えるのです。
小さくても一つずつやらなくては、何も変わらないのです。
このイベントに込められた意味とは、世界中の出来事の全てを自分自身の事と考える mind set を望んでいるものと理解して頂き、少しでも多くの人達が私達自身が世界 ”We are the world” と思えるきっかけになればと思っています。




TOP